ブリッジ治療のメリット、デメリット

ブリッジ治療のメリット、デメリット

失ってしまった歯を補う方法として、ブリッジも治療方法の一つになります。
ブリッジ治療に興味がある人は、ここから
ブリッジとは英語で橋を意味するのですが、
両側の健康な歯を支柱として、ブリッジをかけて義歯を支える治療になります。

 

ブリッジ治療を受けるには条件があって、
欠損してしまった歯の両側に健康な自分の歯が存在していることです。
それが満たされない場合はブリッジ治療を受けることができません。

 

ブリッジ治療のメリットは入れ歯ほどの違和感が少なくおまけに、
治療費も健康保険が適用されるため安上がりで済む点です。

 

歯をしっかりと固定しますので、入れ歯のように出し入れすることも滅多にありません。

 

それなので装着してからの違和感がほとんどなく、
自分の歯と同じような感覚で歯を使うことができます。

 

デメリットとしては、両側の健康な歯にかかる負担が大きくなってしまう点です。
ブリッジ治療を行う時に、しっかりと義歯を固定するために、
両側の歯を適切な形に削る必要があるのです。

 

そして削った歯に痛みが出てきてしまう場合は、
虫歯ではなくても神経を抜く処置を行うことさえもあります。

 

歯は一度削ってしまう強度が弱くなってしまいますし、
そこから歯が再生することもありません。

 

また義歯を取り付けてからも、その歯を使用する頻度が増えるたびに
両側の歯にかかる負担も大きくなってしまうため、両側の歯の劣化をすすめてしまいます。

 

またしっかりと義歯を取り付けたつもりでも、歯肉との間に隙間ができやすく、
そこに汚れたまりやすくなりそれが虫歯や歯周病を引き起こすこともあるのです。

関連ページ

インプラント治療のメリットとは
インプラント治療のメリットとは
インプラント治療のデメリットとは
インプラント治療のデメリットとは
テレスコープ義歯のメリット、デメリット
テレスコープ義歯のメリット、デメリット
審美性を追求したインプラント
審美性を追求したインプラント
スマイルデンチャーのメリット、デメリット
スマイルデンチャーのメリット、デメリット
ブリッジでこだわりたいこと
ブリッジでこだわりたいこと
インプラントと歯周病
インプラントと歯周病
インプラント手術とその後の生活
インプラント手術とその後の生活