部分入れ歯と総入れ歯の違い

部分入れ歯と総入れ歯の違い

入れ歯にはいくつも種類があり、皆さんのお口の状態によって歯科医師と相談しながら決めることになります。
八王子の歯医者で行う矯正治療にさまざまな種類があるのと同様です。

 

入れ歯の中でも最も大きな分類といえば、部分入れ歯と総入れ歯です。
今回は、両者の特徴をそれぞれ比べていきましょう。
まずは、部分入れ歯について見ていきます。
部分入れ歯とは、その名の通り一部分だけ欠損した歯を補う形で設計される入れ歯のことです。
事故などで前歯をなくしてしまった方や、歯周病や虫歯で歯を抜かなければいけなくなった人など、様々な場面で活用されています。
部分入れ歯の多くは、残っている歯を支えにして嵌め込むことになります。
隣り合った歯が数本無くなってしまったとしても、その周囲の歯がいくつか残っていれば部分入れ歯で補うことが出来るのです。
最近話題のインプラントは、
周囲の歯に引っかけるのではなく歯茎の下にある歯槽骨という骨に金属でできた歯の根元部分を差し込むことで固定します。

 

インプラントは総じて高額になりがちですが、部分入れ歯の場合は保険適用でお安く作ることも不可能ではありません。
続いては、総入れ歯の特徴についてご紹介します。
総入れ歯とは、お口の中のすべての歯が欠損してしまった場合に用いられる入れ歯のことです。
歯だけではなくその土台となる歯茎の部分も合わせて作ることになるため、製作には時間とお金がかかります。
人工の歯なので、虫歯や歯周病にかかりにくいと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。
メンテナンスを怠っていると総入れ歯内で細菌が繁殖し、装着している最中にお口トラブルを引き起こすこともあります。
慣れるまでは異物感が拭えないこともしばしばです。
部分入れ歯や総入れ歯が必要になったら、それぞれのメリットやデメリットを比較したうえでどちらを用いるか結論を出してください。

関連ページ

多くの歯を失った場合
多くの歯を失った場合
保険適用と自由診療入れ歯の比較
保険適用と自由診療入れ歯の比較
先天性欠損とその治療
先天性欠損とその治療