インプラント治療のデメリットとは

インプラント治療のデメリットとは

歯茎に土台となる器具(インプラント)を埋め込んでから、
義歯の上に取り付けるインプラント治療の需要が高まっています。

 

その治療を受けるメリットばかりがクローズアップされていますが、
デメリットもあることをよく理解した上で治療を受けるようにしましょう。
気になる方はこちらの歯科に問い合わせてみましょう。

 

まずは料金面で比較すると、
いろいろある歯を補てんする治療法の中では最も高額になってしまいます。

 

他の治療方法によっては、健康保険が適用されるのですが
インプラント治療に関しては保険が適用されないのです。

 

ちなみにかかる費用ですが患者さんの口の中の状態や、
埋め込むインプラントの本数によって前後しますが、何十万円単位で費用がかかります。

 

インプラントを埋め込むための外科手術が必要になります。
インプラントをしっかりと固定させるためには、
顎の骨にそれを埋めこむ手術が必要になります。

 

またインプラント治療が全て終了するまでには半年から一年の歳月がかかります。
インプラント埋め込んでから、それがしっかりと歯茎内に固定させるためには、
数か月程度待たなくてはいけないからです。

 

その後義歯を取り付けてから一旦終了となるものの、
定期的なメンテナンスもかかせません。
術後インプラントに不具合が見られないかどうかを、歯科医師に診てもらうのです。

 

これを怠ってしまうと、インプラントに大きな不具合が生じてしまって
再手術を行うことにもなりかねないのです。

 

毎回点検を受けるための費用も、数千円程度かかりますので
インプラント治療に関連する金銭的な負担は一生涯にわたって続くことになります。

関連ページ

ブリッジ治療のメリット、デメリット
ブリッジ治療のメリット、デメリット
インプラント治療のメリットとは
インプラント治療のメリットとは
テレスコープ義歯のメリット、デメリット
テレスコープ義歯のメリット、デメリット
審美性を追求したインプラント
審美性を追求したインプラント
スマイルデンチャーのメリット、デメリット
スマイルデンチャーのメリット、デメリット
ブリッジでこだわりたいこと
ブリッジでこだわりたいこと
インプラントと歯周病
インプラントと歯周病
インプラント手術とその後の生活
インプラント手術とその後の生活