保険適用と自由診療入れ歯の比較

保険適用と自由診療入れ歯の比較

人間の生活を構成する三要素として、衣食住がよく挙げられます。
食に関して私たちの身体で最も重要な役割を果たしているのが歯です。
歯が無くては食物を噛むことが出来ません。
上手く食物が噛めないということは、食事中にストレスが溜まってしまうのです。
今まで通り噛めないということは精神的に大きな負担となりますから、入れ歯の重要性もお分かりいただけることでしょう。
そんな入れ歯を作る際に、保険適用と自由診療のどちらにするかという選択を迫られます。
今回は、その選択の手助けとなるように両者の比較をしていきたいと思います。
保険適用で作られる入れ歯の目的は、食物を噛むという最低限度の働きが出来るように歯を復活させることです。
食物を噛むことが目的ですから、それさえ果たせれば入れ歯の素材などにはあまりこだわることがありません。
保険適用では入れ歯に使える素材に制限があるため、質としてはどうしても自由診療のものより劣ってしまうのです。
自由診療で製作する入れ歯の中には、本物の歯と間違えてしまうほど自然な仕上がりのものも誕生しています。
金属を使いたくない、本物の歯と同じくらい白い義歯が良いといった要望も、自由診療であれば応えてくれるのです。
ただし、保険適用の入れ歯は自由診療の入れ歯よりも短期間で作ることが出来るという点がメリットです。
ただし、あまりにも短期間で作ってしまうことから、最終的なフィット感については自由診療の方が上回る可能性が高いのです。
保険適用と自由診療度どちらにするかは、患者である皆さんに委ねられています。
歯科医師と相談しながら、自分のお口にとってベストな入れ歯を作りましょう。

 

オススメの歯科治療サイトhttp://www.oral-dental.jp/

関連ページ

部分入れ歯と総入れ歯の違い
部分入れ歯と総入れ歯の違い
多くの歯を失った場合
多くの歯を失った場合
先天性欠損とその治療
先天性欠損とその治療