ブリッジでこだわりたいこと

ブリッジでこだわりたいこと

歯の欠損治療としてよく利用されるのがブリッジです。
ブリッジとはその名の通り歯に橋を架けるイメージで義歯を嵌め込む治療のことをいいます。
具体的には、ある歯が抜けてしまった場合その両隣の歯を少し削って被せ物を作り、
その間に義歯を連結させた部品によって歯の欠損を補うというものです。
メリットとしては保険適用が効くこと、インプラントなどに比べて治療費が安く治療にかかる時間も短いという点が挙げられます。
今回はそんなブリッジ治療においてこだわりたい点について詳しく見ていきましょう。

 

ブリッジは保険適用とそうでないものがありますが、その違いを如実に感じられるのがブリッジの素材です。
保険が適用されないブリッジでは基本的にレジンという金属を使用することになります。
費用が安く本物の歯に近い白さのものを選ぶことが出来る一方で、変色しやすいという難点があるのです。
奥歯などの見えにくい箇所であれば問題ないかもしれませんが、
前歯をはじめとした口元の歯を治療する際には、なるべく自然の歯に近い状態をキープしたい人もいることでしょう。
そんなときは、オールセラミックをはじめとした自費診療でのブリッジをご利用ください。

 

オールセラミックは汚れに強く、歯茎にも影響を与えにくいという特徴を持っています。
光を透過するという特性のおかげで、前歯に挿入しても本物の歯に近い印象を与えることが出来ます。
ただし、一方で奥歯に使用すると割れてしまうこともあるので
噛みしめるために使う歯ではない箇所の治療として用いられるのが一変的です。
金属アレルギーの方々に人気なのがジルコニアです。
強度も高く、強い衝撃でも割れたりしないので、どのような箇所にも使える素材として人気を集めています。

 

 

関連ページ

ブリッジ治療のメリット、デメリット
ブリッジ治療のメリット、デメリット
インプラント治療のメリットとは
インプラント治療のメリットとは
インプラント治療のデメリットとは
インプラント治療のデメリットとは
テレスコープ義歯のメリット、デメリット
テレスコープ義歯のメリット、デメリット
審美性を追求したインプラント
審美性を追求したインプラント
スマイルデンチャーのメリット、デメリット
スマイルデンチャーのメリット、デメリット
インプラントと歯周病
インプラントと歯周病
インプラント手術とその後の生活
インプラント手術とその後の生活