先天性欠損とその治療

先天性欠損とその治療

歯が欠ける、もしくは欠損してしまうという状況は事故や
スポーツの試合といった行為による後天的な現象が多いと思いがちです。
しかし、最近では先天性欠損という歯の欠損が見られる人も増えています。

 

先天性といっても乳歯が全く生えていないというわけではなく、
生え変わるはずの永久歯が少ないという現象のことです。
小学生から中学生にかけて生え揃うはずの永久歯が生えていないというお子さんは、
もしかすると先天性欠損であるかもしれません。
先天性欠損の治療は大人と子供で変わってきます。

 

子供の場合は基本的に経過観察をして、歯並びの状態を見極めつつ治療方法を見定めます。
なぜかというと、子供の場合は顎の骨が成長過程にあり、
噛み合わせによって将来の顎の形が大きく変わってくるからです。
もし歯が少ない状態でも噛み合わせに問題がないのであれば、
歯科医師からのお墨付きのもと日常的に生活を送ることが出来ます。

 

しかし、あまりに歯並びが歪んでおり、発音や口腔衛生に悪影響を与えている場合は
歯列矯正という手段で欠損した歯による隙間を埋めていきます。
子供は歯並びを改善しやすいので、歯列矯正も効果が高いのです。
ブラケットやマウスピースを活用しながら、少しずつ歯の隙間を埋めてあげることが出来れば、
大人になるまでには歯の欠損が気にならない歯並びになることも夢ではありません。

 

この治療は成人を迎えてから30歳ごろまでは効果的な治療とされています。
一方で、大人になってしまった方が先天性欠損を補う際には、後天的な欠損と同様に義歯の力を借りることになります。
インプラントやブリッジ、入れ歯を駆使しながら欠損による悪影響を少しでも少なくする努力を重ねていきましょう。
PURE WHITE あおばデンタルクリニック http://www.aobadc.com/

関連ページ

部分入れ歯と総入れ歯の違い
部分入れ歯と総入れ歯の違い
多くの歯を失った場合
多くの歯を失った場合
保険適用と自由診療入れ歯の比較
保険適用と自由診療入れ歯の比較